Magazine

一度食べたらくせになる味
新たな美味しさのフレーバーたらこ
June 29 2016

 

015

 

たらこ生産量日本一の街、石巻は、震災で大きなダメージを受けた。

2003年に及川夫妻が始めたたらこ製造会社トーハイコーポレーションも同様だった。

ちょうど、新商品の出荷の日。試行錯誤のもとに生まれた味は全て津波に流された。

同年7月に株式会社東北とらやフーズを設立。もう一度、家族で新商品の開発にチャレンジ。

あの日から5年、温め続けたアイデアは「フレーバーたらこ」という商品となって現れた。

さまざまな味付けを気軽に味わえるたらこは、若者の心をもつかんだ。

じわじわ広がり始めている新商品の生みの親、及川善弥(写真右)さん、眞由美(写真左)さん

にお話を伺いました。

 

1402-1

 

ー現在8種類の味付けを展開しているフレーバーたらこ。こちらは、ひとつひとつ味付けを

試されてきたのですか?

 

及川(眞)  : そうですね。味の組み合わせは結構前から個人的な趣味でしていたんですね。

自宅の冷蔵庫にある調味料、材料を使用して。これは美味しいねとか、たらこには合わな

いねって、ずっと繰り返してきました。だいたい100種類以上。なので、冷蔵庫は食材

よりも調味料だらけです笑。

 

ーそれはどなたの趣味だったのですか?

 

及川(眞) : わたし!と言いたいところなのですが、主人です。家族内で食べながらテストし

てきました。そこでクリアしたものを、じゃあ本格的に工場でつくってみましょうって。

それで残ったのが、最近人気が出てきた塩にんにくたらこです。

 

IMG_7640-4

 

及川(善) : うちのばあさんは、最初、塩にんにくたらこを一切食べなかったんですよ。ただ、

ある日、黙って出したのね。そしたら、「あれ、なんでこのたらこ、今日はいつもより美味

しいんだ?」「それにんにくだよ」「えっ!」てなって。それ以来食べるようになりました。

 

ー食わず嫌いを華麗に克服させたのですね。他の方はどのような反応だったんですか?

 

及川(善) : 塩にんにくたらこをお客さんに試食させたときのリアクションが面白いんだよな。

「試食どうぞー!にんにくです」って言うと、「えーにんにく?!」って言われて。「食べ

るだけでいいです、買わなくていいですから」って食べてもらうと、「うわー!」ってなる

よな。ギャップが面白い。

 

IMG_7638-3

 

及川(眞) : そう、本当は撮っておきたいんですよ、試食した人のリアクションを。 食べるの

を嫌がった人ほど面白いことを言うんですよ。ええ、今から出かけるのにどうだこうだって。

その後に食べると、(満面の笑み)。

 

ー味のイメージが出来ないからこそ、感動が大きいのでしょうか。すごい組み合わせです。

 

及川(眞) : よくある香辛料とか調味料とか、良さそうなものを使うと全然だめなんですよ。

なんか普通…みたいな。商品にするほどではないよねって。

 

及川(善) : ミントはいいよな。

 

及川(眞) : 最初は入れすぎて舌が一週間おかしくなったけどね。

 

ーミント!!そのような発想をするようになったきっかけはなんですか?

 

IMG_7626-2

 

及川(善) : 元々あるたらこを食べてもらえればやらないです。趣味がたまたま仕事になった。

本当なら趣味でとどめておきたいですね笑。今の石巻に跡取りがいるたらこ屋さんは、数え

る程度しかいない。ということは、あと何年か先には、たらこ屋さんがまた減る。せめて技

術だけでも誰かに伝えて、たらこ文化を継承できればなって。

 

ーそうでもしないと、本物のたらこの味が食べられなくなるということですよね。

 

及川(善) : うちらの代だけで終わるのであればそんなに苦労はないんだけど、先を考えたと

きに、今なにをやんなきゃいけないのか。やはり、先につながる商品をつくらないと。新

しい味付けを考えていかないとって。

 

ーそれでは、これからもまだまだ新商品の開発を。

 

及川(善) : ええ。ただ、やめろって言われてます。いい加減にしろって。

 

IMG_7646-5

 

ーどれくらい増えるか今から楽しみです。最後に、フレーバーたらこをまだ食べたことがない

方にむけてメッセージをいただけますか。

 

及川(眞) : やっぱり若い人に食べてほしいです。どうしても若い人の食べるたらこは、明太

子のほうが割合が多くて。あとは、コンビニにおにぎりだったり、外部から入ってきたもの

しか口にしていない人が多いので、まず地元のものを知ってほしいですね。

 

及川(善) : たらこがなくても人は生きていける。ただ、年に一回食べたいなって思ってもら

えたら。

 

 

ーありがとうございました。ばっちりお腹が空いてきました。

 

1304

 

株式会社東北とらやフーズ&有限会社トーハイコーポレーション

 

address|宮城県石巻市大門町3丁目4−18
tel|0225-92-9680
PhotoWrite | Yu Shimawaki