Magazine

厳選された自然食材を味わえる味処
よし竹
May 27 2015

閑静な住宅街を線路に沿って歩いていく。

突如、姿を現す看板。お祭りのような装飾。

お店は山の香りと海の香りで満ちている。

今日も店主は満面の笑顔でおもてなし。

 

「よし竹」

 

IMG_6487

 

石巻駅の裏側を線路沿いに歩いていくとお店の看板が見えてきます。

 

 

IMG_6503

 

店内に入って真っ先に視界に飛び込んでくるのは、壁一面に飾られたカニの甲羅。

 

 

2

 

そして、店主の菅野さんの笑顔。

 

3

 

割烹着を身にまとい、カウンターの常連さんと談笑。

優しい賑やかさがとても心地いい。

 

20150517-IMG_6526

 

どうする? ビール?という声に即答して、のどを潤します。

 

 

4

 

まずは、と最初にテーブルに現れたのはお刺身の盛り合わせ。

旬の魚やくじらの珍しい部位など、説明をしていただきながら頭と体でじっくり味わいます。

 

10

 

紅ズワイガニ。

食べやすいように細い足の部分も剥いてあります。

自然が生み出した上品な甘さがお口いっぱいに広がります。

 

5

 

この新鮮なお魚たちはどこから?という質問に菅野さんはタブレットを使用しながら答えてくれました。

なんと、魚市場で競りをする資格を持っていて、直接仕入れてくるそうです。

食材の美味しさや料理の価格の秘密はこんなところに。

 

 

7

 

こちらは山菜のあいこの塩漬け。歯ごたえシャキシャキ。

あいこは「山菜の女王」と呼ばれる人気の山菜です。

 

 

20150517-IMG_6585

 

山の食材も、定休日に山の奥地に分け入って調達しているそうです。

天然物は香りや味が全然違うとのこと。

お店の外には山から調達してきた草木が植えられています。

 

■まきじんコメント

 

20150517-IMG_6513

 

“よし竹さんは、こんなところに⁈って場所に、お祭りムード満載なかわいい外観で、入る時はワクワクしたなぁ…。
ご主人のキャラも素敵だったよね。
あの笑顔にやラれた…
海と山との両方の産物をすべて自分の目利きで調達して来て、絶妙な味付けで調理してしまうすごい人。
やっぱり今の時期の旬な食べ物が味わえるってとこが、このお店の魅力だよね。とりたてホヤホヤ!
ぜひまた行ってみたい‼︎”

 

厳選された食材で作られた料理は、食べた人をすっかり元気にしてしまいます。

それは、店主の自然への感謝とお客さんをもてなしたいという想いがギュッと詰まっているから。

目の前の食材のひとつひとつが、自分の所にやって来た道のりに思いを馳せながら、

海の幸、山の幸を余すところなく噛み締めてはいかがでしょうか。

 

 

“よし竹 ”

 

IMG_6593

 

address|宮城県石巻市旭町12-12
open|17:00~22:00
close|tus
tel|090-1062-7118
url| http://yoshitake-jp.com/home/index.html

Photo writer   Yu Shimawaki
Model           Yukari