Magazine

昔から愛されてきた秘伝の味
食堂パレス
July 22 2015

女川町長の須田がお勧めする石巻のお店!第二弾!

 

今回は駅近のお店の中から「食堂パレス」をご紹介。

 

20150628-IMG_7161

 

食堂パレスは親子三代で切り盛りする庶民派食堂。

震災以降、食堂を新しく建て直して2013年10月に新店舗を再オープンしました。

 

20150628-IMG_7188

 

オススメはこの黄色いカレー。

欧風でも印度風でもない個性的な見た目。一から丁寧に作ってあるのが分かる絶妙な味です。

蕎麦屋のカレーならぬ、出汁の利いた食堂のカレーはいくらでも飲めます・・じゃなくて、食べられます。

 

20150628-IMG_7195

 

すでにラーメンとカツ丼を食べているともみんがおそるおそるカレーを口に運びます。

 

20150628-IMG_7196

 

なにこれ…。

 

20150628-IMG_7199

 

おいしい!!

と思わず声が出てしまいました。

 

20150628-IMG_7217

 

食後のデザートの自家製プリン。甘さひかえめで食後にぴったり。

 

20150628-IMG_7214

 

お店のデザートを担当されているのはパティシエの佐々木さん。

管理栄養士でもある佐々木さんが作るデザートは、お客さんの別腹を優しく満たします。

 

20150628-IMG_7178

 

復興情報マガジン「マンガッタン」に掲載されているマンガに食堂パレスさんが登場します。

 

 20150628-IMG_7182

 

そこにはお店の名前の由来やカレーにまつわるストーリーが。必読です。

 

■まきじんコメント

 

ともみん

 

 20150628-IMG_7173

 

こんなにもスプーンを持つ手が止まらなくなるカレーは初めて出会いました。お腹いっぱいでも食べられる!さらに、Ishinomaki Stand Up Week中に開催される石巻夕凪ダイニングで出されるプリンも特別にいただき、デザートまでのフルコース!

町長の美味しいものへのあくなき探求心と愛には、感動しました。
また、ハイカロリーな食べ歩きツアーに行きたいです!

(でも、次回は、洋服かな。もっと食べれるようにw

 

須田町長

 

20150628-IMG_7166

 

我が国で独自の発展を遂げ、本場に負けぬほどの国民食であるカレーですが、万人が想起する日本のカレーをこれほどまでに体現し納得させるカレーも珍しいのではないかと。ともみんがはじける笑顔とともに「なにこれ、美味しい!」と思わず声を発したのには、正にしてやったり!な思いでありました。

まだまだご紹介したいお店はありますが、次の機会があれば、ということで。

 

あー腹くっついw

 

“食堂パレス”

 

20150628-IMG_7227

address|宮城県石巻市住吉町1-6-8

open|11:00~19:00

close|wed

tel|0225-22-1937

Photo writer   Yu Shimawaki

Guest Model  須田町長/ともみん