Magazine

知産知消の美味しいごはん
峠の市ランチ
August 31 2016

IMG_9275-2

 

まきじんでも何度かご紹介した日和キッチンさん。平日の火、水、木曜日に店舗を開放し、
地元の食材を利用してランチなどを提供しようとする人たちを応援する「日替わりオーナー」
を実施されています。今回は、以前ご紹介した峠の市の方々が提供するランチをご紹介します。

 

IMG_9338-6

 

こちらは峠のお上りさんコース(¥1,000-)です。
ごはんを麻炭ベーグルサンドイッチに変えたものが峠のお下りさんコース(¥1,000-)です。

 

IMG_9341-7

左から

米茄子の甘酢漬け
仙台テンメイ農場の米茄子と伊豆沼農産のレンコンを片栗粉をまぶして素揚げ。
甘酢のタレにぽちゃんと入れて少し煮込む。片栗粉をとかしてとろみ付け。
このとろみと茄子の柔らかさが絡んで、まるでステーキのようなジューシー感。
お肉が好きな方でも満足できる野菜料理です。

 

新じゃがのサブジ
にんにく、クミンシードをフライパンで炒め、下茹でしたじゃがいもを投入。
知人の自家栽培のトマトを加え、味付けはガラムマサラ、お塩。炒り玄米を最後に和える。
新じゃがのしゃくしゃくとした食感に、ほどよいオイリーさと香り。
いも類が苦手の方も食べやすいです。

 

人参シリシリ
ココナッツのフレークをカリカリに焼いて、細かくスライスしたにんじんと、レーズンを入れる。
ハーブ園のお塩で味付け。 最後にくるみを和える。よく見るとにんじんの色が2種類。
濃い色は石巻ファームの人参。薄い色は農家直売所グリーンサムの人参。
噛めば噛むほど人参の甘さとココナッツの味が染み出てきます。

 

下にいって、

ビーツのピクルス
自家栽培したビーツを茹でて柔らかくして、酢、はちみつ、シナモン、クローブで漬けこむ。
独特の色と甘さのビーツは、鉄分やビタミンを多く含むヘルシー野菜です。

 

IMG_9346-10

 

南瓜のココナッツミルク煮
しょうゆ、みりん、お酒を少々、ココナッツミルクを入れる。
南瓜としゃんてぃファームからおすそわけのささぎ豆を15分程煮る。
かぼちゃの甘さにココナッツミルクが絡んで、バターを入れたような濃厚な味です。

 

IMG_9343-9

 

ジプシースープ
具材はビーツ、にんじん、ピーマン、玉ねぎ、セロリ、トマト。
味付けは、調合してもらったオリジナルの七味唐辛子と麻の実バター。
口の中にじんわりと広がっていくほどよい辛さ。
ざくっと切られた野菜たちがしっかりとした食感を残している栄養満点のスープです。

 

IMG_9347-11

 

枝豆×桜の塩漬けごはん
毎年恒例の塩釜の桜狩りでとれた桜を塩漬けして梅酢に漬ける。
一度塩漬けすることで、桜色の発色が保たれるとのこと。
お米は田伝むしさんの胚芽米。玄米に似た食感。
桜の香りと豆の甘味の絡みが絶妙で、すいすいお箸が進んでしまうごはんです。

 

IMG_9342-8-1

 

豆乳ヨーグルト
バナナジャムと麻の実をトッピング。果物の自然の甘さがヨーグルトの酸味とよく合います。

 

 

IMG_9348-12

 

こちらがお山のカレー(¥1,000-)です。
ひよこ豆がたっぷり入ったココナッツカレー。豆のカリッとした食感がやみつきです。

 

 

IMG_9354-13

 

赤紫蘇ジュース紅茶割り

北上町の民家からおすそわけしてもらった赤しそを煮出して紅茶で割ったジュース。
紫蘇と紅茶が不思議とマッチして、想像以上に飲みやすいです。

 

IMG_9306-3

 

「地産地消であり知産知消」、峠の市ランチ提供者の一人である佐々木麻衣さんの言葉。
知人が作ったものだからこそ、さらに感謝をしていただく。いただきますの重みが増す。
今回のランチに使われた食材や調味料のほとんどが知人からの提供。
いかにその人たちを紹介できるか、食を通してこの人たちを知ってほしい。
峠の市ランチは美味しいだけでなく、感謝と情報がたくさんつまっていて、
「いただきます」「ごちそうさまでした」という言葉がぴったりなごはんでした。

 

日替わりオーナー峠の市は、峠の市が開催されている4月〜9月の期間限定で開かれています。
隔週の火曜営業なので、今年の営業は9月6日と20日です。
まだ食べたことがない方はこの機会を逃さず、ぜひ食べに行ってみてください。

 

また、10月から火曜日の日替わりオーナーを募集中とのことです。
ご興味がある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

「日和キッチン 日替わりオーナー峠の市」

addres|宮城県石巻市立町2-7-26
open|11:30〜 (1,3,5週の火曜日)
tel|0225-98-5428
hp|http://www.hiyori-kitchen.com/
mail|info@hiyori-kitchen.com

Photowrite Yu Shimawaki