Magazine

気軽に楽しめるNEWマリンスポーツ
スタンドアップパドルサーフィン
August 11 2015

 

大きめのボードに立ち、パドルを使って海を漕ぐ。

最近この辺りの海上でも見かける姿。

誰でも気軽に始められて、楽しめる、新しいマリンスポーツ。

「スタンドアップパドルサーフィン(SUP)」

 

20150807-IMG_9476

 

まず最初に向かった先は、海のすぐ近くにある民家。

 

20150807-IMG_9449

 

そこは機材のレンタルや休憩場所として体験者をサポートする「LOCAL STYLE」という場所。

ずらりと並んだ機材や工房が設置されているその姿は、まさに海の秘密基地。

たくましい体で準備を進めているのが、こちらの代表の小野さん。

 

20150807-IMG_9570

 

SUP場所は、牡鹿半島の十八成浜(くぐなりはま) 。

 

20150807-IMG_9575

 

準備運動をして、ライフジャケットを装着して準備完了です。

 

20150807-IMG_9597

 

ボードとパドルを持って海へ。

ボードは自分の体以上の大きさですが、空気式なので女性でも持ち運びが可能です。

 

20150807-IMG_9610

 

最初は膝立ちでパドルを使って移動。

その後はタイミングを見計らってスタンディングの状態へ。

 

20150807-IMG_9707

 

慣れてきたら海のベッドでひと休み。

ヨガや釣りなどをボードの上で楽しむ方もいます。

 

20150807-IMG_9735

 

水と触れ合うマリンスポーツならではの爽快感。

バランスをとることによるエクササイズ効果も、女性の方に人気の理由。

 

20150807-IMG_9748

 

SUPだからこそ辿り着ける砂浜には、なにやら色鮮やかな光を放つ物体が。

波にもまれ、砂にまみれて、独特の風合いを手に入れたガラス、ビーチグラス。

自分好みのビーチグラスを探してみましょう。

 

 

20150807-IMG_9794

 

基地に戻ってシャワーを浴びたあとは、

漁業の網を再利用して作られた自家製ハンモックに身をゆだねてリラックス。

 

20150807-IMG_9776

 

遠くに見える海の景色と、流れてくる潮の香り。

南国リゾート気分を満喫です。

 

■まきじんコメント

 

20150807-IMG_9803


虫の声と美しく透き通った水面が
印象的だった石巻市の十八成浜で、
SUPを体験させていただきました!

生まれて初めてのマリンスポーツで不安と緊張でいっぱいだったのですが、
潮の香りや水しぶきなど物凄く心地が良くて。

最初はなかなか上手くできず何度もぼっちゃーんっと海に落ちてしまいましたが、
波に揺られるスリルと太陽の温かさが気持ち良くて、とにかく楽しかったです!!!

一度サップを始めると何度も何度も遊びたくなる!
そんな魅力いっぱいのSUPを経験できて嬉しかったです♪

優しくサポートしてくださった、
小野さん!宮城さん!
ありがとうございました。

 

 

20150807-IMG_9469

 

今回、SUPをレクチャーしてくださった宮城さん。Cafeはまぐり堂を運営する「一般社団法人はまのね」のスタッフもされています。

 

「SUPやカヤックなどの自然遊びがもっと普及されて、より多くの人が自然の中で遊ぶようになればいいなって。自然を愛する人が増えて、豊かな自然を次世代に繋いでいくことができるのではないかと。」

 

今後も自然の魅力をたくさんの人に発信していきたい、と今後の抱負を語っていただきました。

宮城さんのSUPレクチャーは、「石巻に恋しちゃった」という市民参加型プログラムにて体験可能です。

期日は8/30と9/6の二回。詳しくはこちらまで。(一般社団法人はまのね 0225-90-2909)

 

はまのねさんや、LOCAL STYLEさんは来年からSUP体験など自然遊びを本格的に展開していく予定。

身近にあるからこそ忘れてしまいがちの自然の豊かさを、身体全身で感じてみてはいかがでしょうか。

 

“SUP体験 in 十八成浜”

 

20150807-IMG_9798

 

address|宮城県石巻市十八成浜前田1

tel|0225-90-2909(一般社団法人はまのね)

Photo writer   Yu Shimawaki

Guest Model  Izumi